うつ病の症状を知って早期発見~手早い治療が鍵~

男性

完治の道へ導かれる病院

医者

病気の実態を知る

近年では大変多くの方がうつ病で深刻な悩みを抱えています。うつ病とは一体どのような病気なのでしょうか。うつ病の症状には、脱力感を伴いやる気が起きないといった憂鬱な気持ちになる患者様が多く存在しています。その他に身体に慢性的な片頭痛など痛みを発症する人も見受けられます。うつ病の治療は医師による診断から治療を開始されます。急性期を経て症状がなくなる継続期へと進み安定した状態が維持できる維持期へ向かいます。気持ちを穏やかに保つためには、様々な心の葛藤などがあり、心を落ち着かせるためには適切な治療が必要とされています。精神科や心療内科などが適切な治療が行われており、患者様一人一人の症状に適応した処方箋を出されます。うつ病は、良くなったと思っても自己判断で服薬を辞めると再発する可能性があります。昔から心の風邪だと呼ばれている疾患で、できるだけ自分の心と向かい合い病気になった経過を辿ることが大切なことです。また病気になった要因を探り出しながら焦らずに治していくことが課題になります。

適切な病院を選択する

安定した時期である継続期から、維持期と呼ばれる落ち着いている時期が最も大切な時期です。克服できたと思っていてもふとしたことから再発する場合があるのでじっくりと治し完治するまで服薬することが重要です。治療の経過は人により異なります。専門医では個人に適応した薬を処方されます。うつ病は焦らないということが鉄則であり、心と体の両方に目を向けることで完治へと導かれていきます。また、うつ病は、精神面だけではなく身体にも不具合が発生する場合があります。心身ともに健康へ導くための治療は病気になる前の生活に戻ることを目指して進められています。うつ病の患者様は早く治して仕事や社会に復帰したいという切な気持ちを抱いています。怪我をした時と同じように傷口が閉じたように見えても、奥の部分が十分に治っていない場合は傷口が開く場合もあります。焦らずにじっくり時間をかけて治すこと、信頼ができる専門医を探すことが最も大切なことです。また症状に応じて患者様目線で治療できる病院を選ぶことで完治の道が開けます。