うつ病の症状を知って早期発見~手早い治療が鍵~

女の人

完治の道へ導かれる病院

医者

全国には大変多くの方がうつ病で深刻に悩んでいる現状です。うつ病の症状は様々ですが心身ともに不具合が発生することで完治が難しいと囁かれています。しかし患者に適応する治療を行うことで完治できる病気であると言われており、適切な病院選びを行うことは大変重要な事です。

View Detail

心の健康を維持するために

女性

増加する患者数

これまで、日本人にとっての大きな疾病は、糖尿病や脳卒中などを含めた4大疾病として知られていました。しかし、最近になって精神疾患の深刻性が問題視されるようになりました。このため、現在ではうつ病などの精神疾患を含めた5大疾病として、力を入れた政策を行うことが政府の方針として示されています。うつ病は心の風邪と言われていました。しかし、風邪という症状ではなく、心の癌であると表現する人もいます。うつ病の症状にも軽い人や重症化している人までいます。さらには、別の精神疾患をも併せ持っている人もいるなど、ケースは人によって異なります。症状としては、頭がボーっとしてやる気が出なかったり、突然涙が止まらない、家から出られないなど、色々な症状があります。ほとんどの人は、一時的に落ち込んだり悩んだりしても、時間が経つにつれて症状が軽減されることはあります。しかし、突然大きなストレスが降りかかってきたり、耐えがたい辛い状態に長期間さらされる人が、特に若者の間で増えています。そのため、今後はうつ病を発症する人が徐々に増加することが予測されます。

周囲の理解の重要性

一度うつ病になると、脳の血流の流れなどに異常をきたしたり、これまでと同じような日常生活を送ることが出来なくなる場合があります。そこで、まず体がいつも違う状態だと感じたら、迷わず病院に行くことが必要です。しかし、精神疾患患者の増加ゆえに、近くの精神科病院などが新規患者を診察できるまでに数ヶ月かかる病院もあります。多少家から遠くても、出来るだけ早めにそのような病院にかかる必要はあります。しかし、それが難しい場合は、心理カウンセラーなどに一度話を聞いてもらうことが良いです。または、地域の保健センターなどに相談するのも一つの方法です。うつ病といった病気を発症する人が多くなった理由として、仕事でのパワハラやセクハラ、家庭でのDVなどの犯罪が増えたことが一つとしてあります。こういった問題が昔よりも表面化しやすくなり、それに伴って病院を訪れる患者が結果的に増えるといった状態になりました。しかし、表面化しやすくなったことで、精神疾患を理解してくれる人も増えました。うつ病患者を少なくしていくためには、このような周囲の理解やサポートが解決の近道になっていきます。

心の病を見逃さない

女の人

うつ病の症状は様々で、放っておけば身を滅ぼしかねません。確かに自分自身でストレス発散を行い、リフレッシュすることも大事かもしれません。しかし精神科・心療内科の力を借りることがとても大切です。わずかな症状でも見逃さない、そのままにしないことが大切でしょう。

View Detail

兆候を上手く捉える

困る男性

うつ病は症状が色々あるので周囲が気が付いて専門医に診断させるのが重要であり、遅れると様々な形で悪い方向に進むので早期の対処を心掛ける様にします。うつ病治療はプロである医者に任せた方が最良で短期間の回復も見込めますが、現在ではそうした事も含めて社会復帰といったサポートもあって人気となっているのです。

View Detail

うつの改善法

男性と医者

うつ病を改善するためには、人工的なライトで体内時計をリセットするのも一案です。うつ病の一症状である睡眠障害は、回復へのエネルギーを大幅に低下させることから、早目に治すことが大切となります。体内時計をリセットするのが、有効な方法です。

View Detail

気分障害が起こる病気とは

カウンセリング

うつ病は、決して珍しくない病気の1つになりました。しかし、日常生活に多大な支障が出てしまう病気ですので、抑うつや無気力、頭痛、倦怠感などの症状が長期間に渡って続いている場合は、早めに病院を受診して治療を受けるようにした方がよいです。

View Detail